上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お待たせしました!

今年度の佐賀市犬のしつけ方教室でいただいたご質問の内

教室開催中にお答えできなかったご質問へのお答えが出そろいましたので

ブログにアップいたします^^


文章で全てお答えするのには限度がございますので

こちらでは『基本的な考え方』はこうですよ~というような返答になっております。

要はケースバイケースなので、全ての犬がこうしたら良くなる!という万能薬的なものではございませんのでご容赦くださいませ。


質問に対する答えがどうしても長文化しますので、項目ごとに分けております!

ではドウゾ~!




家の中編

Q ケージに入らない、中で吠える、留守番時吠える

 A ケージに良いイメージがないと中でくつろぐことは出来ません。

 留守番の時以外使っていない、悪い事をしたときに入れるなどしているといつまでも良いイメージはつきません。
 
 まずは人がいる状態で扉は開け放ち、中でおやつ・フードを食べることから始めましょう。

 中で安心して食べられるならば知育TOYやガムなど食べるのに時間がかかるようにして

 中にいる時間が延ばせるように工夫します。

 食べている間に扉を閉めるなどして段々と慣れさせます。

 中で楽しく過ごせるようにしてあげましょう。



Qチャイム・来客に吠える

 A 人への苦手意識もしくは過剰な期待で興奮状態になっていると思われます。

 チャイムや来客がきたら吠えるのではなくて、どうしていてほしいのか考えましょう。

 静かにしていてほしいなら落ち着いた環境を与える必要があります。

 チャイム=来客になっているので、おやつ等使ってイメージを変えることも必要です。

 練習に時間がかかりますので、練習中は宅配便は業者に連絡してインターホンを鳴らすのではなく

 到着後電話をしてもらうようにします。

 来客は約束の時間があるはずですので、到着時インターホンは慣らさず連絡してもらい、迎えに出ましょう。

 来客が好きすぎて興奮するのなら、静かになってから挨拶するようにします。

 苦手なら来客時にだけもらえる特別なおやつ等でイメージをよくしましょう♪

 攻撃が伴うのであれば、双方の安全確保が必要ですので別室に隔離して、そこで落ち着いて過ごせるように。



Q 散歩・日中数時間ケージから出て遊ばせる時以外はケージの中にいるが、それでよいのか

 A 飼育環境は家によって様々ですが、イヌ科の動物は群れの仲間と共に生活をします。

 いたずらなどの心配がないのならくつろぐ時間もケージ外で設けてあげると精神的に安定しやすいです。

 一人寝が問題なくできて、ハウストレーニング・トイレトレーニングが出来ているのなら

 ケージ外で自由に過ごすことができる時間は必要だと思われます。

 好んでケージにいる場合は無理に出す必要はないでしょう。




どんどんいきますよ~!!

次は人との関わり編!
陽については色々書いていますが、しろについてマジメに書くのは初めてかも??
しろくん。
今でこそあんなに茶色い彼ですが、我が家に来た当初は耳こそ茶色いものの…他はほぼほぼ白い犬でした…
当時11ヶ月で我が家にやってきたしろ。
でも、当時は我が家の犬になる予定など更々!なかったのです。
事の発端は、とある動物愛護団体さんにボランティアをしに行っていた知人から
『このままココに置いて置いたら、おかしくなっちゃうかも!どうにかしてあげたい』
と、相談された犬がしろでした。
いわく、土砂降りの雨の中他の犬達が雨を避ける為に犬舎に戻ってくる中ただ一頭ドッグランで濡れそぼっている。
人が怖くて、人のいる犬舎には戻れずにポツーン。
呼んでも来やしない。
そばによるとガクブル震えて怯える。
生まれは一般家庭の庭繋ぎ飼いの母ちゃんとこに、野良犬父ちゃん~
他の兄弟はもらわれたけども、コイツは貰い手がない!もう6ヶ月だし、手放す!という経緯で団体へ。
なんだそりゃ!?な話ですが、佐賀ではよく聞く話です。
聞きたくないんだけども。
啓発がまだまだなのね…。
残念だ…
そんなこんなで、当時は駆けだし~でございましたし、場所もあったので、とりあえず一時預かりをしてケアをすることになりました。
お迎えに行ったはいいものの…
早速難関にぶち当たる!
どうやって車に載せよう~^^;
もちろん呼んでも来ませ~ん!
変にジワジワ時間をかけるよりも苦痛は一瞬で終わらせよう!と心に決めて、リードを装着!素早く抱いて、車載クレートへ!!
失禁~!!!(◎_◎;)
どっちも!
 仕方がないとは言え、ここまで怯える…彼の過去は知り得ないので推測ですが…
まぁ、子犬の時分に人と関係を構築していないのだと思われます。
彼の世界は、母犬と自分。それで完結していたんだなぁ。
団体に来てからは過密状態も相まって、人への社会化は適正にできなかったのでしょう。
犬とはずっと一緒に過ごしてるから、犬語は達者だったんです。
それがせめてもの救いだったかなあ…
後々ここが彼の成長の助けになるのです。
それはまた今度のお話~
すっかりご無沙汰しております^^;
古賀です!
前回記事からだいぶ経ってしまいました(^q^)
リアルタイム更新がしやすいFacebookが主流になりつつある。。
でもせっかくブログもあるのだし!
というワケで、こっちではマジメなお話をしていこうかと思います~
ちょっとヘビーなものを小出しにするかもしれませんが、どうぞ生温かい目で見守ってください(笑)
え?うん。
生温かくで構いません(*'▽'*)
ツッコミは受け付ける!!
マジメすぎるのもイヤなので、我が家のワンニャンの日常を綴ってみようかと思います~
忘備録的なものとお考えくだされ。
つらつら~と書く何かが、誰かのヒントになればよいな~
こちらのブログでも新しい家族を探していたプリンちゃん。
状況が変わりまして、熊本のお家に戻れることになりました^^
昨日、佐賀から熊本のご家族の元へ~!
プリンちゃんを譲渡した団体、フィリア代表と共にお家まで送り届けてまいりました♩

お姉ちゃん達と再会~!
今後のワクチン、内外部寄生虫などの予防などなど大切なお話もいたしました。
フィラリア予防薬はこうやってあげるとパクパク食べるよ~と、オヤツサンドイッチ作戦をお知らせ~
みんなで一緒にハウスをお引越しして、我が家に戻ったプリンちゃん。

また、いつかね!
※プリンちゃん、無事に帰宅しましたので過去の新しい家族募集の記事は下げさせていただきます!
陽は我が家でお手入れしているので、普段はトリミングサロンにお世話になることは無いのですが…

公私共にお世話になっているトリマーさんがいるので、そちらに年に数回お願いしています☺️

我が家トリミングとは仕上がり違うからね~!

主にシャンプーとお尻周りの毛のカットをお願いするのですが…

今回はレーキングというやつに初チャレンジ!

なんでも、下毛を処理する技術らしく

適切に処理することで、皮膚被毛の新陳代謝に良いらしい*\(^o^)/*



レーキングには専用の道具を使うみたい!



下毛が出てきた~!!



ものの数回でこの量…
(陽のくつろぎっぷり…仲良しだから落ち着いていられます)


ボーダーコリーは二重毛で上毛と下毛がある犬種。

上手に抜けてくれたらいいのだけど、毛量が多いコなんかは抜けにくさもあるみたいです。

実はトリマーさんにやって頂く前に、やり方を習って古賀がやってみた後にトリマーさんが仕上げてくれています~♩

古賀の時も同じくらい抜けた!!^^;

教えていただいたレーキングする上でのポイントは


行うならシャンプー前に

レーキングナイフは皮膚と平行に当てる

当てる部位の皮膚を張る(皮膚を緊張させる)

毛並みに沿って動かす

強く当てない

やりすぎない


きちんと守れば、痛みもなく皮膚を傷つけずに出来ます♩

オモシロイくらい抜けるので、やりすぎはホント注意です~!(゚o゚;;

原理はファーミネーターと変わりません。

つまり、ファーミネーターも正しく使わないと…


皮膚、痛めてるかも??


その後はいつもの手順でシャンプー、ドライ、カット。

シャンプーの時お顔にかかるお水にキョドりましたが…他は割と大人しく頑張った陽。



ツヤツヤ~のフワサラ~( ̄▽ ̄)

オヤツ沢山もらって、ご機嫌さんなのでした♩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。