その他もろもろ編

Q 拾い食いのやめさせ方

 A リードがついている状態なら、犬が行く先を常に見る事で落ちているものを先にみつけます。

 おやつ等を持っているのならそちらで気を引いている間に通り過ぎましょう。

 拾う経験をすればするほど、拾い食いするようになっていきます。

 まずは拾えないように目を光らせる事が必要です。

 落ちている物よりも飼い主の方が魅力的になってしまえば、落ちているものに興味をひかれなくなります。

 食べ物ではないものを口にする場合は内臓疾患の可能性もあるので、まずは病院へ。



Q しつけで使うおやつの止め時

 A 段階的に無くすことは可能です。

 ただし、ある日突然になくすとやる気もなくなります!

 ごほうびを食べ物から日常的な動作に変えていく所から取り組んでもよいでしょう。

 お散歩が好きな子なら…扉の前で、おすわりまてをする→扉が開く、お散歩に行ける!

 これは十分ごほうびになります。

 犬がふだん何を好んでいるのか、今何をしてほしいのかを考えて取り入れてみるとよいですよ♪



Q 避妊去勢手術は必要か

 A 手術をしなければ、雌としての行動、雄としての行動は年齢に応じて出てきます。

 何をよしとするかで必要かそうでないかは変わります。

 手術をした時のメリット・デメリットを挙げておきます。

 メリット→発情時の精神的不安定さからの解放
       関連臓器の疾患の予防
       マーキングの減少
       繁殖行動に関わる攻撃行動の減少

 デメリット→麻酔時のリスク
        繁殖不可能
        太りやすくなる(…と言われていますが、正しい食事管理を行えば問題ありません)

 個人的な意見としましては…

 未避妊未去勢で抱えるストレスの大きさから考えると、してあげた方がよいと思っています。
 
 が、時期については諸説あります。

 愛犬の手術には立ち会いましたが、最近の医療器具は出血量も比較的少なく、術後の経過も良好なようです。

 我が家雄犬の場合は手術開始~終了(メスを入れた瞬間~縫い終わるまで)までは15分程度でした。

 出血量も想像していたよりはるかに少なく、術後傷口は全く気にしていませんでした。

 これは個体差があるので、気にする子は自分で抜糸してしまうこともあります;



Q 骨を与えても大丈夫か
 
 A 犬によりけりですが、あまりおすすめしません。 歯が折れることがあります。

 歯髄が露出して、化膿してしまったら残る処置はほぼほぼ抜歯処置です。

 骨以外でも牛のひづめ、鹿の角などで破折の報告があります。

 与える際は自己責任で!
Secret

TrackBackURL
→http://withtwotails.blog32.fc2.com/tb.php/421-033df83d