子犬シリーズ、成長過程でのイロイロの続きでございます~

前回は5ヶ月だったので、今回は6ヶ月~♪


6ヶ月~8ヶ月
このあたりから段々と行動が変わっていきます。
思春期突入!!


家に来たときに、すでにピリピリ神経質な面持ちだった陽

あらゆる音(テレビ、CD、鳥の声、虫の声、その他諸々)への反応が異様に強く…

聞こえると、ピーピーキューキューワンワン!!

地道~に練習して少しずつ克服…
今でも苦手なものはありますが、だいぶ減りました。。


お水やおもちゃやフードを他犬から守るので、安心できる環境でたらふく飲む、遊ぶ、食べる…をしつつ練習。

現在はこの頃より、かなぁり良くなりました( ̄▽ ̄;)


他犬と遊ぶのは問題ないのに、散歩中会う犬には遠くても立ち上がってガウガウ!!

リードフラストレーションだと思われます。。
根底には彼の不安感があるようですが…
思春期の男子なのである程度は致し方無い!

それより、変に不安感を煽らないように…だけ注意して
致し方無い場合を除いては、散歩中犬を見つけたらUターン。

吠えるより早く立ち去るC=C=\(;・_・)/
楽しげな雰囲気を醸し出せば、割と頑張れる陽。
もちろんオヤツも山程使いましたよ…

今は以前より反応距離が短くなりました。


一度興奮してしまうと、それまで反応していなかったものにまで
ワーワー(*`Д´)ノ!!!
…と言い出すので、こいつは厄介です。


なんやかんやありつつも、一旦は落ち着いたこれ等の症状…

が、再び変化が訪れるのはそう遠くないのであった…


7ヶ月頃の陽。
悪い顔してますわぁ(*_*)



子犬シリーズもすっかり間があいてしまいましたが…

いつのまにやら、子犬子犬してた時期も終わり…1才と1ヶ月になりましたU^ェ^U



ヤンチャ坊主は相変わらずでございます。。


とりあえず一段落なので。。

子犬の成長過程で、あるある~な変化をここに記していくことにします!

まずは5ヶ月

乳歯から永久歯へ
抜ける過程で歯に違和感があるのか、やたらといろんな物を噛む!!
噛んでもいい安全なオモチャでしっかり遊ばせて、噛んでほしくないものはしっかり管理して触らせない。

男の子はボチボチ足を上げておしっこ
個体差はあるけれど、足を上げておしっこをし始める。
マーキング癖をつけたくないなら、足を上げだす前に去勢手術をすると癖はつきにくい。
ちなみに、ついた癖は抜くことは出来るけれども中々大変な作業デス。

警戒吠え
社会化期が終わりを迎えて、警戒心が増してくる。
聞きなれない音、見慣れない人、今までの経験で『自分にとって安全でない』と思ったものに関しては吠えがでやすい。
吠えさせたくないなら、良い経験を沢山つもう!


子犬の時間は取り戻せない。
後悔したくないなら、しっかり時間をとって子犬育ていたしましょ~♪


陽の初海岸お散歩♪海の香りにドキドキ!


すっかり日が空いてしまいましたが、その間に陽も7ヶ月を迎えて大きくなりました^^

ちびっこだと思っていましたが、現在の体重は11.2キロです順調!

しろ兄ちゃんと並ぶと、ちょっと陽のが大きいです。やっと追い越した~
(ちなみにハルト君は5ヶ月でしろに並んでサクサクと追い抜いていきました。大きさの違いがよく分かる)

しろ兄ちゃんのがスマートに見えますが、実は陽より重いのです。
筋肉質なので見た目よりしっかり目の12.5キロほどの体重でございます。

病院に行くたびに『ん?太った?体は引き締まってるな…あぁ、筋肉か!!』と言われるしろ兄さんなのであった(@_@;)

お話を戻しまして…7ヶ月の陽ちん。

haru.jpg
ちょっと前との違いが分かるでしょうか??

マズルがのびてきてシュッとなりつつある~♪
オーバーコートがのびてきた~♪

それ以外に見た目で明らかに違う所…

そう。

そうなのです。

ぴろぴろ立つ気がないだろな~と思っていた左のお耳が立ちました!!

ある日突然に(笑)

今までも、お耳が寄ると立ち上がってはいたんですがリラックス~になるとヘロヘロ。

立つ前日にやたらと立ってる時間が長いなぁ…とは思ってたんですが…

次の日は朝からず~っと立ちっぱなし。で、今にいたる。

我が家のワンコは立ち耳になる運命のようだ!!

何考えてるのかとても分かりやすいので助かります。


立ち耳ボーダーさんって、あんまりグッズがないのだよね。

いっそ作った方が早そうなので、なんか作ったろうかと思います。

ネタになりそうな予感がいたしますが。。

子犬がお家にやってきて、少しずつ日常がおちついてきたら・・・

どこかにお出かけしたくなってきますよね♪

子犬の体力や健康状態には気を遣わねばなりませんが、犬連れの旅も良いものです♪

DSCF2882.jpg
(湯布院のLAMORI club にて♪ドーベルマンのウィル兄ちゃんとおいかけっこ~!)


犬連れ旅で、準備していると便利なグッズを一挙ご紹介。

・・・というか、我が家が犬連れの時に持っていくもの一式です。

クレート(折り畳み式)
こいつは優れものです。
家は車用クレートはハードタイプで載せっぱなしが多いんですが
お泊りに行くところに中型犬用ハードクレート・ゲージをわざわざ運ぶのは・・・
正直、シンドイ!
なので、折りたたんだ状態でコイツを持っていきます。
置き場所を決めたら組み立てて、車用→折り畳みに移動していただく。
ラクチンや~!

ごはん(回数分+α)
何が起こるか分からないので、ごはんは少し多めに持っていきます。
袋ごとだとかさ張るので、我が家は回数分を密閉できる袋に入れてます。
(皆大好きIK●A袋。中型犬数日分には調度いい大きさです。)

おやつ
旅先でもトレーニングは欠かせない!
というワケで、ごはん+おやつを必要量。
こちらも小分けタイプが重宝します。
長いコト時間をつぶせるオヤツも便利。

おもちゃ
いつも遊んでるお気に入り
知育TOY

敷物
ロングドライブになると、粗相してしまったりしますので
敷物の替えは大目に持っていきます。
大いに越したことはない。足りないと困る。

ビニール袋
汚れ物を入れたりする大き目の物
排泄物処理用
など、用途に分けて各種。

トイレシーツ
排泄・粗相の掃除・敷物代理なんでもござれの万能品

トイレトレー
いつものトレーじゃないとパピーはトイレ場が分からなくなったりします。
慣れるまではいつものトレーを持っていく方が無難かなぁ・・・
最近はクルクルっと収納可能なコンパクト設計のトイレトレーもあるようです^^

消臭・殺菌スプレー
草木・動物に無害なものを使用してます。
排泄後の土壌洗浄・掃除、何にでも使えて万能。

タオル
川にダイブしたり、てぇへんな汚れっぷりな時に大活躍。
クレートカバーにしたり、敷物にしたり・・・

ロングリード
広い安全な草原で走らせるのに大活躍。
首に負担がかかると危ないので、加減の分からんおこちゃまは
ロングリード使用時はハーネス併用することをお勧めしたい。
周囲に人がいないのを確認してからにしましょう。
(しろは広範囲、陽は加減のわからない系なのでハーネスのが安全)



こんな感じでお出かけするので・・・
私の荷物よりもはるかに多い(@_@;)

まぁ、備えあれば憂いなし!です。
安全・快適・たのしい旅には万全の準備が不可欠さ☆

DSCF2886.jpg

ハルトも大好きだったLAMORIのお庭。
陽もお気に召したかな?

走っているのを見ると、何だか色々と思いをはせてしまいます・・・
ホント楽しい思い出ばっかりだなぁ。

IMG_4071.jpg
曲がり損ねて、顔から着地したハルト&予想外の展開にビックリなコーガー
コーナリングが上手だったハルトにしては珍しい1枚でございます。

ウチのボーダーたちはドーベルマンの兄貴を持つことが多いようだね(*^_^*)
おませな陽坊。

生後4か月時には、足あげしっこスタート。。

性格的にもイケイケボーイさんなので、去勢は体調が安定しているうちにやってしまうことに。

教室のデモドッグを務める予定の陽は、未去勢のままだと
色々と問題が起きそうな気配がムンムンです。

すでに気が強いというか、押しが強いというか・・・うん。
そんな感じなので、ネ。

問題とは・・・

・縄張り意識が高くなる
  →教室にやってくる生徒さん(人・犬)に対して警戒しやすくなる→吠えが出たりする
・ケンカをしやすくなる
  →資源をいろいろと守らねばならない意識が強いので、ちょっとしたことが争いの火種に
・単純に、室内トイレではみだしやすくなる
  →色々な所に連れて行くので、室内ではしゃがんでしてほしい。
・女の子みつけると(特に発情前後の女子)理性が飛んじゃう
  →デモドッグするどころじゃない

という観点からも去勢することにしていました。

未去勢のオスでも優しいコはいますが・・・
お悩みを抱えて教室にくる犬のほとんどが未去勢なのが事実です。

去勢したからといって、女々しくなるとか・・・そんなことはありませんが

日常的なイライラから解放されるので、比較的におだやかになります。

イライラが大変なことになっていて、攻撃的になっているワンコには去勢をお勧めしております。

カウンセリング→去勢→抜糸後落ち着いてからレッスン開始

・・・の流れですと、比較的レッスンもスムーズに進みます♪


ほい。

お話を戻しまして・・・

んで、陽ちゃんの手術ですが。

手術前には色々とお家で準備!!

まず、見慣れぬものを体に装着する練習♪
今回はお洋服。

DSCF3045.jpg

しろの洋服ですが、まだブカブカです~。

これを着たまま『楽しいコト』をたくさんします♪

・ごはん食べる
・おもちゃで遊ぶ
・他の犬と遊ぶ

とかね♪

首に巻くのは・・・

DSCF3124.jpg

いつもヘビさんに巻かれて遊んでるので大丈夫でしょう。


私はハルトの時も付き添い手術でしたので、今回も迷わず付き添い。

先生も『見るやろ?』と、軽い確認程度です。
普通に付き添わせてくれる先生に感謝!(*^_^*)

麻酔かかって、手術部分の毛を刈って、手術して、麻酔から覚めるまで
ず~っと見てました。

あまり明るくない分野ですが、先生は丁寧に説明してくださるので
とても勉強になりました!


術後はもれなくえりまきトカゲ。正式名称は『エリザベスカラー』

DSCF3055.jpg

この写真、術後帰宅前に撮ったものですが・・・
まぁ、元気いっぱいでした。

とりあえず1日はこのまま安静にして…


翌日から『術後服』にチェンジ!

DSCF3056.jpg

レスラーみたい、と好評(?)でしたぜ~!

とりあえずお腹舐めないように、と配慮してでしたが・・・
男の子は全部隠すから、トイレの時にいちいち脱がすorナプキンを当てておく・・・でちょいと大変。

見てあげられるときは脱がしていたんですが、様子見てみると
術部は全然気にしてないので、3日目夜からは裸のまま。

彼が気になってたのは、塗ったところをカバーしていた絆創膏。
肌に張り付いて気持ち悪い!!とガジジ・・・!

絆創膏からも解放されたら、いたってフツーな陽でした。


女の子の避妊手術は見たことが無かったのですが、今回チャンスがありまして
見学させていただきました。

避妊手術でなく、子宮蓄膿症での摘出手術だったのですが、内容はほぼ一緒です。(子宮・卵巣の全摘出手術)
※他のフォローもあるだろうから、ほぼ、と言うておきます。

病気になって辛い思いをして手術するよりも
体力十分で回復力のある若い内に、避妊手術の選択ができていたら痛くなかっただろうにな。
・・・と思いました。(それくらい子宮が腫れあがって、パンパンでした。)

もちろん様々なご意見があるとは思うし、状況が違えば一概には言えませんが・・・
(若くても、他に持病があって麻酔リスクが大きい場合もありますからね・・・)

やっぱり、繁殖をしないのであれば避妊手術は選択肢に入れてほしいなぁ。


ワンコを迎えるということは、その子の全てに責任を持つということです。

心身の状態も、周囲に与える影響も・・・


犬と暮らすことは、とても素敵なことだけれど

楽しいことばかりじゃありません。

最初からおりこうさんな犬なんて、いません。

どうなっていくかは、飼い主次第!

だから、『犬は飼い主の鏡』と言われるのかもしれませんね^^