2017.05.02 はる
ついさっき。
 
陽とぶら~ぶら散歩しつつ、ふと思った。
 
つい1年ほど前までは
 
人、自転車、車、犬…
 
ビックリしたり不安に思ったりすると突進して、リードが張れば力の限り吠え、二本足で立ち上がり目が血走った。
 
社会の見学のはずのお散歩は、陽にとっては刺激の洪水で…
 
慣れるとか慣らすとか、そんなレベルの話ではなく。
 
外に出る度にパニックのようになる陽を前に、無力感に苛まれた。
 
 
人が何の気なしに言ったであろう言葉に傷ついて、腐ったりもした。
 
そうこうしているうちに、はたと気づいた。
 
私は陽に、何を求めているんだろう?
 
 
知らず知らずのうちに
 
私は陽に、多くを求めすぎたんじゃなかろうか。
 
なにか1つだけ、求めるとしたら…
 
 
答えは実にシンプルなものだった。
 
 
ただ穏やかに日々を過ごしてほしい。
 
 
教室のデモドッグをつとめてほしいとか
 
外に出しても恥ずかしくないとか
 
そんなもの二の次だと気づいた。
 
ただただ純粋に、犬らしく。
 
その考えに至った時に、今までの頭のもやのようなものは消えていった。
 
その頃から陽に対して、やたらトレーニングをするのはやめた。
 
散歩も無理せずに、家の庭から外を眺めたり、道の前の街路樹のチェックくらいに留めた。
 
室内でも出来る、冷静さを助けるあそびをたくさん取り入れた。
 
段々と落ち着きを取り戻した陽と、すこしずつ外へ出る時間を増やしていった
 
 
陽に求めるのをやめてから、私にも余裕がうまれた。
 
 
余裕は、陽に更なる落ち着きを与えてくれた。
 
 
期待するってコトが、時に相手を追い詰めることもあると気がつけた。
 
 
だから、私はあまり期待をしないことにした。
 
 
文章にすると、うまく伝わらないかもしれないけれど…
 
 
あきらめているとか、そんなネガティブな意味合いではない。
 
 
色んな、可能性は信じている。
 
でも、期待とは、すこしちがう。
 
それが、強制めいたり、おしつけだったりすると良くないと思う。
 
 
たのしみ。
 
純粋に、行く先をたのしみにしている。
 
見守る、ってこういうことかもしれない。
 

 
 
 
 
 
 
我がホームページには、クラス生の皆さまがスケジュール調整がしやすいように
 
なおかつ、私がどこにいても把握しやすいように
 
 
スマホのスケジュール帳と、ホームページのスケジュール帳を連動させておったのですが…
 
 
昨日生徒さんからご指摘いただき発覚~!
 
 
どうやら、ここ数ヶ月のどこかで同期が切れていたみたい( ̄◇ ̄;)ガーン
 
 
いそいそと直した次第でございます。
 
 ここ数ヶ月、ヒマそうやな!( ̄ー ̄)
と思われていたカモ^^;
 
 
ご迷惑おかけいたしましたm(_ _)m
 
今後の予定は問題なくスケジュール反映されると思われますので、そちらを要チェック~✨✨
 
 
よろしくお願いいたします!(^^)
blog復活1発目の記事は~?
 
コチラッ!!
 
 
Too-ticki MayDay✨✨
 


 
3年目にして、最大の出展者数です(^^)
 
 詳しくはToo-tickiさんのblogへゴ~!
http://edotahaticki.blog47.fc2.com/
 
出展者さんのご紹介もされておりますよ♩
 
お天気が気になるところですが。。
 
 
なんとか、くもり辺りで過ごしやすい天候にならないかな~?
 
と思っている、スタッフ参加の古賀なのであった…(笑)
こんにちは!
 
スーパーごぶさたしております、古賀です。
 
携帯がかわったり…
 
アプリの認証がうまくいかなかったり…
 
色々ありまして。。
 
…のごぶさた更新~💦💦
 
この度なんとか認証に成功し(うっかりイチから再出発するとこでした)携帯からの更新テストでございますよっと♩♩
 
うまく行けばまたコンスタントに日々のど~でもいいこぼれ話をこちらで出来たらな~と思います(^^)
 

 
写真もテスト貼りっ!
 
いつかのトリミング陽坊~
 
ではっ
 
ドキドキのテスト投稿っ!!
 
ぽちっとな~!!!(◎_◎;)
その他もろもろ編

Q 拾い食いのやめさせ方

 A リードがついている状態なら、犬が行く先を常に見る事で落ちているものを先にみつけます。

 おやつ等を持っているのならそちらで気を引いている間に通り過ぎましょう。

 拾う経験をすればするほど、拾い食いするようになっていきます。

 まずは拾えないように目を光らせる事が必要です。

 落ちている物よりも飼い主の方が魅力的になってしまえば、落ちているものに興味をひかれなくなります。

 食べ物ではないものを口にする場合は内臓疾患の可能性もあるので、まずは病院へ。



Q しつけで使うおやつの止め時

 A 段階的に無くすことは可能です。

 ただし、ある日突然になくすとやる気もなくなります!

 ごほうびを食べ物から日常的な動作に変えていく所から取り組んでもよいでしょう。

 お散歩が好きな子なら…扉の前で、おすわりまてをする→扉が開く、お散歩に行ける!

 これは十分ごほうびになります。

 犬がふだん何を好んでいるのか、今何をしてほしいのかを考えて取り入れてみるとよいですよ♪



Q 避妊去勢手術は必要か

 A 手術をしなければ、雌としての行動、雄としての行動は年齢に応じて出てきます。

 何をよしとするかで必要かそうでないかは変わります。

 手術をした時のメリット・デメリットを挙げておきます。

 メリット→発情時の精神的不安定さからの解放
       関連臓器の疾患の予防
       マーキングの減少
       繁殖行動に関わる攻撃行動の減少

 デメリット→麻酔時のリスク
        繁殖不可能
        太りやすくなる(…と言われていますが、正しい食事管理を行えば問題ありません)

 個人的な意見としましては…

 未避妊未去勢で抱えるストレスの大きさから考えると、してあげた方がよいと思っています。
 
 が、時期については諸説あります。

 愛犬の手術には立ち会いましたが、最近の医療器具は出血量も比較的少なく、術後の経過も良好なようです。

 我が家雄犬の場合は手術開始~終了(メスを入れた瞬間~縫い終わるまで)までは15分程度でした。

 出血量も想像していたよりはるかに少なく、術後傷口は全く気にしていませんでした。

 これは個体差があるので、気にする子は自分で抜糸してしまうこともあります;



Q 骨を与えても大丈夫か
 
 A 犬によりけりですが、あまりおすすめしません。 歯が折れることがあります。

 歯髄が露出して、化膿してしまったら残る処置はほぼほぼ抜歯処置です。

 骨以外でも牛のひづめ、鹿の角などで破折の報告があります。

 与える際は自己責任で!